マイクロダイエット

マイクロダイエットとは

健康を脅かすような肥満体型の人が治療として行う食事療法の1つに
マイクロダイエットがあります。

数あるダイエット方法の中でも、医師が認めるダイエットは
カロリー制限と運動療法です。

ダイエットは、健康のためにしなければならない
肥満体型でない限りはしなくてもいいと言われています。


マイクロダイエットとは、アメリカで肥満治療を目的として
作られたカロリー抑制によるダイエット方法です。

食べてもエネルギーとして使わなければ、
脂肪が蓄積され肥満になります。

カロリーの低い食事をすることで蓄積されている脂肪を
燃焼させていくことが、マイクロダイエットの骨子です。


食事制限はただカロリーを減らすだけでなく、
体に欠かせない栄養成分をしっかり含む代替食で栄養摂取をすることも大事です。

マイクロダイエットのダイエット専用食を摂取することで、
食事制限でかかる体への負担や栄養素の不足を最小限に留めることができます。

食べる量を適切に減らせば体重が落ちるという
シンプルな理論を活かしたダイエット方法が、
マイクロダイエットと呼ばれるダイエットといえます。

数多くの人が、マイクロダイエットでの痩身をなし遂げています。

肥満体型に悩んでいた人の多くが、マイクロダイエットを成功させて
スリムな体つきになれたと言われているようです。

現在では、アメリカの医師はマイクロダイエットを
いい方法だとして推奨しているようです。

マイクロダイエットの効果をあげるには

マイクロダイエットのために作られた食事を食べることになりますが、
この食事での摂取カロリーは一食につき
150キロカロリーから180キロカロリーほどとなります。

多くの代替食はドリンク状で、一食につき200キロカロリー前後が摂取できます。


1日に体が求めるカロリー量は、
大人の女性の場合は1600〜1900キロカロリーが基準となります。

単純に1回の食事で、600〜700キロカロリーが基準になります。

マイクロダイエット食を1日1度置き換えた場合は、
食事によって1日で摂取するカロリー量は1600キロカロリーほどです。

1日の必要最低エネルギー量くらいになります。

この調子でマイクロダイエット食を継続しカロリー摂取量を控えることによって、
運動で使う分はダイエット効果が現れます。


よりマイクロダイエットの効果を得るためには、
1日のうちの2回の食事を低カロリー食にすることも可能です。

1,200キロカロリーのカロリーだけで毎日を過ごすという、
少々ハードな方法です。

運動をしない場合でも、体が求めるエネルギーを作るため
蓄積された脂肪が代謝されます。


3食のうち、代替食品を夕食に置き換えたほうが
マイクロダイエットはより効果を高めます。

夕食から就寝までの間は活動量が少なくエネルギーをあまり使わないので、
夕食をマイクロダイエットに変えても体への負担は少なく脂肪になりにくいといいます。

マイクロダイエットとリバウンド

信頼性が高く、数多くの人が実行しているダイエットとして
マイクロダイエットは人気があります。

マイクロダイエットを真似たダイエットも色々存在しています。

マイクロダイエット用の代用食も、長く続けていけるように
様々な味や香りをつけるなどして、種類もたくさんあります。

飲むタイプばかりでは食べた気がしないということで、
パスタやリゾットに似た形のマイクロダイエット食もあり、
ダイエット中でも変化に富んだ食事が楽しめます。


マイクロダイエットで気をつけてほしいのはリバウンドです。

マイクロダイエットとは、摂取カロリーを制限するダイエットです。

マイクロダイエットをやめ、普通の食事に戻ったとたんに
体重がリバンドすることがよくあります。

せっかくやせたのに、1ヶ月で元に戻ってしまったという
体験談もよく聞きます。

カロリー摂取を抑えていたうちは体重は減り続けていても、
昔のカロリー摂取量に戻したら体重が戻ったという話は、
ごく普通の話かもしれません。


2食をマイクロダイエットにしていた場合、
体は慢性的な飢餓状態に陥ってカロリーの吸収率が上がっており、
リバウンドしやすい体質になっています。

マイクロダイエットを実践した後にカロリーを抑えた食事を続けていくかが
体重維持のカギになります。

マイクロダイエットによって念願のスレンダーボディになれたというなら、
ダイエットが終了してからも気を抜かずにとり組んでいきましょう。

マイクロダイエットエントリー一覧